新郎が独身最後の夜を男友達だけと過ごす「バチェラーパーティー」は知っていますか?完璧なバチェラーパーティーを開催するポイントを一挙ご紹介します!

バチェラーパーティーの幹事はだれ?

通常は、ベストマン(花婿の付き添い人)がバチェラーパーティーの 「幹事」を担当します。バチェラーパーティーがある場所で開催され、ゲストの大部分が遠方から来るなら、幹事はその場所に居住している人でもよいかもしれません。たとえば、結婚式の参加者のうち一人が東京に住んでおり、バチェラーパーティーが東京で開催される場合、その人に計画の多くをお願いすることは理にかなっているといえるでしょう。

バチェラーパーティーを企画するのはだれ?

バチェラーパーティーの準備は、新郎の仲良しグループと、そのグループの中で通常どのように物事が進められるかによります。たまに集まってお酒を飲んだりゲームをしたりする友達?それとも、徹夜で大人数での集まりを楽しむパーティー友達?あるいは、一緒に旅行に行ったことがある仲良い友達ですか? 

新郎は、自分が何をしたいのか、どれくらい準備に関わりたいのかを伝えましょう。新郎自身も、バチェラーパーティーの準備に携わりたいと思うかもしれません幹事の大まかな役割は、すべてを手配すること、新郎と協働すること、そして他の仲間に手伝ってもらうことです。

バチェラーパーティーに参加するのはだれ?

バチェラーパーティーには、新郎の友人や家族だけでなく、結婚式メンバー全員が参加することが多いです。小規模なバチェラーパーティーでは、結婚式のメンバーと新郎だけが参加するのが通例です。大規模なバチェラーパーティーには、その他の親しい友人が招待されることもあります。しかし、だれが参加するかの最終的な決定は、新郎が行うべきでしょう。

幹事やバチェラーパーティーのプランナーは、前もって新郎と相談し、パーティーの規模や招待者について話し合っておくべきです。ほとんどの場合、幹事は上記のゲストを招待する役目を担っています。

バチェラーパーティーの費用を支払うのはだれ?

バチェラーパーティーのゲストは、だれが何に対して支払うのかを決めることができます。パーティーでは、すべての費用を合計して均等に分割することもできますし、各メンバーがそれぞれに支払うこともできます。また、ボートの一日レンタルなどの大きな出費は割り勘にし、食事やドリンクなどの小さな出費は各人に任せるという手もあります。

バェラーパーティーでのコミュニケーション

まさかのサプライズは楽しいものですが、それでも、新郎(およびその配偶者)のリクエストをきくようにしましょう。たとえば、新郎が「飲んだくれのクレイジーすぎる感じは嫌だ」と言った場合、幹事や他の参加者はそれに従うように。

バチェラーパーティーの移動

バチェラーパーティーは、新郎の出身地や新郎が選んだ場所で行われることが多いです。新郎がパーティーに「誘拐」され、サプライズの場所に連れて行かれる、という決まりのサプライズもあります。ただし、幹事は、そこが新郎の喜ぶような場所かどうか、また新郎がそのサプライズ計画に同意しているかどうかを事前に確認しておきましょう。